日本が誇る高速鉄道の新幹線の変遷

新幹線が生まれるまで

日本が鉄道に進出していくのは、明治5年のことです。1872年ですので、思っているよりも歴史は長くありません。軌道レールの上で走らせていくことになりますが、もともとそこまでの知識も経験もなかったため、イギリスから技術を導入したのがきっかけでした。峻険な地形を持つ日本では、イギリス人から見ると鉄道はぴったりの交通機関になることがわかったのです。

あっという間に進化を遂げて、どんどんと高速化していくことになります。イギリスから輸入した狭軌を基本に展開していくことになり現在に至りますが、朝鮮半島や満州では標準軌を使っていました。さまざまな変遷を経て、日本本土にも標準軌を導入する予定だったのが、戦争の状況悪化によって変更を余儀なくされていきます。これがのちの新幹線になっていくのですから、皮肉な結果といえるでしょう。

現在の日本人にとって、新幹線は欠かすことができない高速鉄道です。軌道上を走るということでは、世界で最も安全でスピードの出る存在ともなりました。高速鉄道としても世界初の存在となったことも、大陸から撤退した日本にとっては皮肉な部分ともいえるでしょう。

新幹線にはさまざまな歴史が絡み合ってきます。世界でも有数の高速鉄道であり続けるためには、多くの出来事があったのは間違いありません。日本国内の各所で普段から活用できる新幹線だからこそ、もっと詳しくさまざまなことを知ってみてもいいのではないでしょうか。


<新幹線の利用に関するオススメサイト>
東京大阪間を結ぶ東海道新幹線の開通により、私たちの生活がより豊かになりました。手軽に乗れるようになった新幹線ですが、少しでも安く乗りたいと考えている方はこちらのショップを利用するとお得になります ≫ https://www.tickety.jp/sell/tokaidosanyo/tokyo-shinosaka/single.php